武家の女性は、結婚するまでは貞淑な生活を求められた

武家屋敷の女性は、一般庶民の女性よりも厳しいしつけを受けた

それでも、心中はやまなかった。この心中増加の背景には近松門左衛門の『曽根崎心中』(元禄16年初演)など、浄瑠璃や歌舞伎が心中を悲恋として美化した影響や、元禄期以降の社会・経済の変化があったとされる。しかし、性の観点から見れば、女の妊娠が大きな原因だったに違いない。若い男女が恋に落ち、忍び会って肌を合わせていると、やがて女の妊娠という事態に直面する。

前述の堕胎薬を用いたり、中条流で堕胎する選択肢もあったが、良家の子女や、純情な娘であればあるほど容易には踏み切れなかった。そもそも堕胎の知識もなかったろう。だんだん大きくなる腹部を見ると、男も女も切羽詰まった気持ちになった。不倫の関係であればなおさらである。窮地に追い込まれ、前途に絶望した男女は心中をえらんだ。『享和雑記』に、茶道の江戸千家の創始者川上不白の妾と弟子の心中が記されている。享和元年(1801)年11月6日、関口村の水神社で若い男女が心中した。まず女を刀で突き殺したあと、男は自分を刺し、さらに水神社の前を流れる神田上水に身を投げた。確実に死ぬ覚悟が見て取れる。

男は幕臣の息子の横瀬兵十郎で、15歳だった。美少年だったことから不白の寵愛を受け、男色の相手をしていたという。女は不白の妾で、16歳だった。死体を調べたところ、妊娠していたことがわかった。横瀬兵十郎は師匠不白と男色の関係にありながらも妾とひそかに情を通じ、妊娠させてしまった。このままでは妾は主人を、兵十郎は師匠を裏切ったことが発覚する。追い詰められたふたりは手に手を取って不白の屋敷を抜け出し、水神社で心中したのだった。
私はすっかり健康マッサージ 大阪の虜です。大阪駅前の繁華街を歩いているとすぐの場所にお店はあるのですが、ここは値段もリーズナブルでとても気持ちいいので、よく来ています。
僕は横浜市西区 風俗のお気に入りがあります。中華街から徒歩3分くらいのところなんですけど、中国人やそのハーフなどの美人揃いの風俗店で、僕の好みをそのまま形にした女性ばかりなんです!


新着記事
2014/08/28 注目情報を更新しました。
2014/08/24 新着記事を更新しました。
2014/08/23 花嫁の駕籠を更新しました。
2014/08/20 現代の感覚を更新しました。
2014/08/18 変則的な体位を更新しました。
2014/08/16 夫婦の房事は官能的を更新しました。
2014/08/15 武家屋敷の女性は、一般庶民の女性よりも厳しいしつけを受けたを更新しました。
2014/08/12 ホームページをリニューアルしました。

オススメサイト
埼玉デリヘルスタイル風俗惑星大阪風俗情報
埼玉県に特化したデリヘル店舗を掲載!待ち合わせしたい駅など絞込み全国の風俗店、風俗嬢の情報を、詳細な条件で検索できる大阪風俗情報を地域別にご紹介します。